余分な脂肪を燃焼させるにはしっかり食べるのが一番です

ダイエットというと摂取カロリーを抑えることばかり考えてしまいます。

その為に、朝食を食べない、あるいはお茶を飲むだけなどと方は多いのではないでしょうか。

朝から食事抜きで臨むことで、一日に食べる食物の総カロリーを抑えようと考えているのでしょう。

朝食を抜く事で確かに摂取カロリーは減りますから、昼、あるいは夜の食事量が増えなければ、ひとつの正解かも知れません。


しかし、体に取り込む分ではなくて、消費するカロリーの点から考えると朝食抜きはお勧めしかねると言わざるを得ません。

実は朝食を抜く事により、本来あなたの体が持っている基礎代謝能力がその日は落ちてしまいます。

そのために、午後になってからも消費するカロリーが落ちてしまうのです。


朝食抜くで身体の新陳代謝機能が目覚めないままに昼食、夕食をとると、今度はそちらで摂取したカロリーを消費しにくくなってしまいます。

飢餓状態が長く続くと、身体は脂肪をためる方にシフトして、食事によって得たカロリーは消費されにくくなります。


特に、朝を抜いて一日働いて疲れると、脳は夕方には自身の活動のためにブドウ糖を、それだけでなく、飢餓状態に備えて脂肪分を求めます。

結果的に夕食で油を多く使った食べ応えのある物を好んで食べてしまうことになります。

脂肪の多い食事はどうしても脂肪として蓄積されやすくなりますから、朝食抜きがまったく逆効果を生んでしまうのですね。



朝食を抜くことの弊害、お分かりでしょうか?

代謝量を上げて消費カロリーを増やすという考え方には真っ向から反対する方法なのです。

もし貴方が食事とカロリー消費について間違った認識をしていたのなら、もっと他にも同じような事があるかも知れませんね。


理論にしたがった正しいダイエット法を知り、納得の上で実行するには、専門家の指導は欠かせません。

そのようなヘルス・インストラクターたちの最新のダイエット知識をまとめた物が「モデルダイエット」です。


⇒ 朝食を抜くと太るメカニズムの詳細



これを見れば、いかにして基礎代謝量を落とさない生活を送れるかがわかります。

そればかりか、基礎代謝量の増やし方、そういう身体の維持の仕方までがマスター出来ます。



ここまで読まれただけで、朝食をとることと基礎代謝量の重要な関係が御分かり頂けたと思います。

基礎代謝量を増やすことはとても大事なことなのです。

消費するエネルギーのベースラインが増えれば、食事を制限することもなく、ただ、溜まった脂肪を燃焼させて行くだけで、綺麗に格好よく細くなっていく事が出来るようになるのです。


この続きは、是非今話題の「モデルダイエット」をお読みになり、自分の目線と理解力でしっかりとお確かめ下さい。


⇒ 基礎代謝量を上げる体の作り方


モデ痩せ理論は貴方の美しい身体と健康を保つ強い味方になってくれますよ。


ファッションモデルがなぜ細いのか?

細い体型を40代過ぎても維持できる秘密

欲しいのはslimbody

吉永小百合さんの身体を手に入れる

  1. 2010/02/03(水) 21:18:57|
  2. 燃える身体を|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:0

プロフィール

食魔人

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約